猫も歩けば...

― はてなダイアリーより引っ越してきました ―

『愛のあいさつ』連載完結

 カクヨムで「【カクヨム新テーマ発掘委員会】『音楽』を題材にした作品募集」に参加して、『愛のあいさつ』を連載していました。
 【カクヨム新テーマ発掘委員会】『音楽』を題材にした作品募集 https://kakuyomu.jp/user_events/16816452220669270036
 『愛のあいさつ』 https://kakuyomu.jp/works/16816452220931077762
 『愛のあいさつ』は2015年に書いた物語です。部活で室内楽をやっている高校生の女子が、エルガーの「愛のあいさつ」を演奏するお話です。
 品切れ状態が続いていたのを、「『音楽』を題材にした作品募集」に合わせて掲載し、募集の最終日の今日(20日)に終了しました。
 終了日に間に合わせるために、先に始めた『やまざくら』よりも後に掲載を始めて、先に完結まで行ったことになります。ちょうど梅雨の時期を描いた物語ですから、季節に合います。
 「『音楽』を題材にした作品募集」は今日午前の時点で280作を超える応募があったようです。
 いくつか、応募作を読んでみました。
 みなさん、すごいです、というのが感想です。
 「いまの現実」と挌闘している、という感の作品もあって、でもしかも文が少しもぴりぴりしていなくて。私にはそこまで「いまの現実」に対抗できないです。そうかと思うと、肩の力を抜いてとても楽しく読める物語もあって。
 「すごい人がいっぱいいるな」と確認しました。

 私は、この『愛のあいさつ』を書いたときは、いま以上に音楽についての知識がなくて、フルートの構えかたも知らなかったのです。もう、フルートの主管を身体の右に構えるか左に構えるかもわかってなくて。写真を見て、自分で構えるふりをして鏡に映してみると、あれ、違う、とか。鏡は鏡像対象になるのであたりまえです。「素粒子のP対称性がぁ!」とか本に書いてるひとが何やってんだ!(2015年にはまだ書いてませんでしたが)
 主人公の千花名のフルートは真鍮(ブラス)ということにしていますが、現実には真鍮のフルートというのはあまり見ないような。調べてみると、銀メッキを施したものか、洋白か銀か金か、あとはクラリネットとかと同じようなグラナディラ(アフリカン・ブラックウッド)製か。プラチナ製もあるそうで……どれも高そう……。
 なんかすごいな、と思います。
 練習用なので金管楽器と同じ真鍮にしたのですが、ほんとうにそういうものがあるのかどうか、店頭かネットで確かめようと書いたときに思って、いまだに確かめていません。
 『やまざくら』の連載も続けています。こちらは4~5月の物語ですから、季節のほうが進んでしまいました。
 『やまざくら』も宣伝しておきます。おっちょこちょいな、というより、自分をおっちょこちょいだと思っている高校生の女子が、とてもまじめで、下級生への要求厳しめな先輩と同じ委員会に配属されて……というお話です。こちらもよろしくお願いします。
 『やまざくら』 https://kakuyomu.jp/works/16816452219877883167

北海道COMITIA14開催中止

 どこにも告知していませんでしたが、じつは北海道COMITIA14に参加する予定でした。
 http://elysian.dojin.com/h-comitia/
 が、開催中止になってしまいました。
 http://elysian.dojin.com/h-comitia/summary.html
 東京都対象の緊急事態宣言が延長された時点で、どうしよう、ということは考えていました。緊急事態宣言の対象地域から他の緊急事態宣言への対象地域への移動は、本人が無事に行って帰ってくることができたとしても、悪い結果をもたらす可能性があります。参加を中止するか、出発直前に検査を受けて、(もちろん検査結果が陰性ならば)北海道での滞在時間をできるかぎり短くするという予定で参加するか、いろいろと検討していたのですが、結果としてイベント自体が中止になりました。
 会場からの要請ということで、どのような条件で中止かはわかりませんが、たとえ会場費支払いがなくてもイベントの中止は主催者に大きな金銭的負担をもたらすという話を聴いたことがあります。もちろん金銭以外の負担も大きいことと存じます。苦渋の選択をしてくださった関係者には心から敬意と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。
 次回開催:
 11月7日 北海道COMITIA15
に振り替えてくださるということですので、11月にお目にかかりたいと思います。そのときには、今回くやしい思いをした分も取り戻せるようにがんばりたいと思います。
 よろしくお願いします。

「緊急事態宣言延長」の下で

 私の住んでいる東京都を対象とする緊急事態宣言が延長されました。
 今回の宣言延長はやむを得ないと思っています。新型コロナウイルスN501Y変異株の感染力の強さはよくわかっているつもりです。この変異株が広がると医療の危機が起こるまでの時間が短いのも確かなようです。
 ただ、飲食店は、「5月11日が過ぎれば通常営業に戻せる、少なくとも営業時間・酒類提供のへ制限は緩和される」と思っていたところが多いだろうに、という思いはあります。1月もそうでした。年末年始をがまんすれば1月の半ばにはそれ以前と同じ営業を再開できる、という見通しでいたら、その時期にはさらに厳しい緊急事態宣言になっていました。「年末年始やゴールデンウィークなど人出の多い時期の人の流れを抑制すればなんとかなるという見込みで、その時期だけ対象の措置をとる」→「なんともならないどころか状況が厳しくなったのでより厳しい措置へ移行」(12日からは一部緩和を伴いますが)ということの繰り返しは「戦力の逐次投入」に似たものを感じます。ただ、それはそれで理由があったことかも知れないので、きちんと検証して将来に活かしていくことが必要だと思います。
 現在は補償金などの制度も行われているわけですが、店舗経営者などではない私たちには、それがどの程度まで効いているのかわかりません。報道各社はあちこちで「自粛破り」を探し出してセンセーショナルに報道するとかではなく、たとえば補償措置が実際にどれぐらい商店やイベント企業などの経営を支えられているか、きちんと報じてほしいと思います。
 東京都では大型商業施設への閉店の要請が続くということらしいので、そこに入っている店が使えないのはつらい。私のばあい、いつも行っている書店の入っているビルが閉まってしまったので、本を買うのが不便です。現在は(リアルの)書店でしか本が買えないということはないので、めちゃくちゃ不便ということはないですけど、「あの店のあの棚にあったあの本を次に買おう」とか思いながら本を読んで、次に買いに行くことが多いので、「勘が狂う」のは確かです。
 一方で、東京都ではイベント開催の緩和は行うようですので、第三十二回文学フリマ東京は開催されるとのことです。
 https://bunfree.net/event/tokyo32/#covid19_open
 大阪ではイベントは「無観客」以外の開催が不可能となり、関西コミティア61は中止となったようです。
 https://kcomitia.exblog.jp/28585081/
 https://kcomitia.exblog.jp/28585373/
 「アトリエそねっと」はどちらの即売会もサークル参加予定はなかったので、とりあえず「アトリエそねっと」の即売会参加について影響はありませんが。
 ただ、緊急事態になっても仕事は通常どおり継続しているうえに、月末に向けて仕事がさらに増えていく傾向で、私の書き物のほうはけっこうつらい状況になっています。

旧作を温め直しています

 「カクヨム」に『やまざくら』の第3話を掲載しました( https://kakuyomu.jp/works/16816452219877883167/episodes/16816452220036419704 )。
 『やまざくら』は2012年にコピー本3巻で刊行した物語です。それから本(オンデマンド版)にしようとして来たのですが、なかなか作業の時間が取れず、いままで来てしまいました。
 これまでは「本にするのだからネット公開はあと」という考えで来ましたが、考えを変えて、積極的にネットで公開していこうと思っています。せっかく「カクヨム」もpixivもID取りましたし(pixivは https://www.pixiv.net/users/37745082 。まだ小説は掲載していませんが)。「積極的に」と言ったって、編集には時間がかかるので、それほどペースを上げることはできませんけど。
 『やまざくら』は、今月末のGirlsLoveFestival33(https://www.lovefes.info/glfes.htm)に向けて本にしようと思っていて、この外出自粛連休期間中に作業しようと思っていたら、思いもかけず仕事で大幅に時間を取られてしまったので、刊行の実現がかなりあやしくなりました。
 仕事の愚痴は書きませんが……。
 ……まあ、勤め先で進行管理をやってるひとたち、「在宅仕事」の割り振りに慣れてきたな、って感じはしますよね。あと、(これは書いていいと思うけど)4月になって、新年度を期して「アフターコロナ」に向けて出勤仕事を増やしたら、会社の所在地(東京都)が緊急事態宣言の対象になってしまって、あたふたしているところもあります。
 それで、GirlsLoveFestival33に向けては、別に、さらにその前に書いた『木漏れ日の水彩画』の再刊を考えています。高校生二人の百合っぽい物語です。
 このころはまだ書き慣れていなかったので、未熟なところもあります。でも、いま読んでみると「よくこんな感覚をすくい取れた。いまの私では無理」と感じるところもあります。私のような者でも、年の経過とともに、経験を重ねて慣れて行くところもあれば、年齢を重ねて感じ取れなくなっていくものごともあります。両方、同時進行しているという感じですね。「年の功」か、単に鈍くなっただけなのか、「10年前のように書けなくなった」とわかってもいまはそれほど焦らなくなりました。
 『木漏れ日の水彩画』は、『やまざくら』より短いので、刊行まで持って行けると思っていますが、これも仕事の忙しさしだいです。
 それより、ほんとに5月30日、大田区産業プラザPiOで多くの方とお目にかかれれば、と、いまは祈る気持ちでいます。現在は施設利用停止中ですからね。

【重要】緊急事態宣言を受けての施設利用停止のお知らせ|お知らせ|大田区産業プラザPiO

 

またまたお久しぶりです

 またずっと更新が滞っていました。申しわけないです。
 昨夏のみちのくコミティアの後、新潟コミティア、制服コミュニケーションなどの即売会に参加し、この春には第2回TAMAコミに参加しました。
 TAMAコミの会場がある福生は、青梅線八高線で通過したことは何度かあったのですが、訪れたのは初めてです。私にとっては何と言っても「大瀧詠一の住んでいた街」という印象が強い。春の陽光のなか、親しみの持てる街という印象でした。
 都内の即売会には何度も出ているのですが、多摩地域の即売会というのは初めてだったと思います。そのためすでに訪れたことのある遠征先での即売会より緊張しました。でも、主催・参加者のみなさまに温かく迎えていただけて、とても楽しく、心地よく即売会の時間を過ごすことができました。参加者のみなさまありがとうございました。
 即売会にとっては厳しい状況が続きます。
 私は、今年は、過去に刊行してずっと品切れのままになっていた作を再刊するとともに、昨年から今年の春にかけて書いたものを、順次、刊行していこうと思っています。即売会開催がたとえ中止になったとしても、即売会の予定に合わせて本は作っていこうと。
 4月からは去年の遅れを取り戻すようなペースで仕事が入ってくると同時に、私が住んでいる地域(東京都)を対象にする緊急事態宣言の期間が始まって、文字どおりバタバタしています。仕事の設定を「感染症の収束が見込まれる一年」に切り替えたところを「変異株の流行」に直撃されてまた設定を変えなければならず、新年度一か月でかなり「疲弊」したという実感です。
 いろいろたいへんなことがありますけど、一つひとつ片づけつつなんとか乗り切りたいと思っています。

みちのくCOMITIA6に参加します

 たいへんご無沙汰し、申しわけありませんでした。
 今年の2月中ごろまでは、2019年度の「年度末進行」で忙しく、2020年8月を中心に開催される予定だった大規模な国際スポーツ大会をめぐる予定の調整で気ぜわしい日々を送っていました。それが、2月下旬になって一挙に新型コロナウイルス感染症への対応に追われることになりました。仕事自体は増えたものもあれば減ったものもあったのですけど、いろいろな意味で気を休められない日々が続きました。仕事でもそれ以外でも「決まっていないこと」がどんどん山積みになって行き、「気が抜けない」感が非常に大きかった。
 それで、このたび、アトリエそねっとは、8月16日に福島県郡山で開催される「みちのくCOMITIA6」https://www.adv-kikaku.com/comitia に参加いたします。
 今回のみちのくCOMITIAは、サークル参加はすべて委託参加で行うということです。委託参加ですが、アトリエそねっとにとってはほぼ半年ぶりの即売会参加です(最後の一般参加からも5か月ぶり)。
 今回お持ちする(委託する)のはすべて旧刊で、新刊なしという予定です。
 じつは即売会への「委託参加」は今回が初めてです(知り合いのサークルに委託を出してお世話になったことはあります)。新型コロナウイルス感染症が収まらないなか、仕事もいろいろ様変わりしましたが、こちらの活動でも「初めてのオンライン入稿」・「初めての委託参加」などいろいろ新しい経験をしています。
 もともと、職場が東京ということもあって、大規模な国際スポーツ大会との兼ね合いで4月以降の予定が確定せず、即売会当日に仕事が休みになるかどうか確実でなかったため、4~6月の即売会参加が申し込めない状態でした。そのまま新型コロナウイルス感染症の流行の時期に入ってしまったという感じです。
 今回のみちのくCOMITIAは、新型コロナウイルス感染症の流行がなければ、規模を拡大しての初めての2ホール開催という予定でした。
 今後は、イベントが開催されるか不確定であっても、ともかく募集を開始したイベントで参加したいものがあれば、積極的に申し込んでいくつもりです。
 よろしくお願いします。
 ※ カクヨム「近況」にもほぼ同じ文章を掲載しました。
 https://kakuyomu.jp/users/r_kiyose/news/1177354054918258482

松の内が終わる前に

 もう世のなかはいつもどおりの平日で動き出している時期ですが;
 あけましておめでとうございます。
 せっかく2020年代に入ったというのに、「年頭に感じたこと」をまとめる暇もなく、年の初めから「正月休みで遅れたぶんを取り戻す!」みたいな感じで仕事の予定が詰まっているのがなんだかなぁ、というところです。

 さて、次にアトリエそねっとで参加する即売会は:
 ○杜のコミフェス3 https://moricomi.info/ (1月26日 仙台 EbeanS 9階「杜のイベントホール」)
 ○GirlsLoveFestival29 http://www.lovefes.info/indexs.htm (2月2日 都立産業貿易センター台東館)
です。

 なお、2月9日のCOMITIA131にはサークル参加しません。前回サークル参加したコミティア(東京)がCOMITIA127なので、ちょうど一年間ご無沙汰していることになります。今回は仕事が重なるかどうかびみょ~な時期で、参加申込するかどうか迷っていたら申込期限が来てしまったという事情です。
 またこれ以後の即売会参加も決まっていません。とくに、今年は(7月後半~9月前半の都内での仕事に大きい制約が生じることから)仕事の予定が変則的になることが確実で、4月以後の日程が2020年度が始まってみないと確定しないので、申込をするのに二の足を踏んでいます。
 去年は仕事が忙しすぎて同人誌作りも非常に低調になってしまいました。1月の即売会についても今年も仕事の状況は似たようなものなのですが、できるだけ同人誌は出して行くように動きたいな、と思っています。
 よろしくお願いします。