猫も歩けば...

― はてなダイアリーより引っ越してきました ―

ガタケット171に参加しました

 新潟市産業振興センターで開催されたガタケット171に参加してきました。
 今回は、参加することに意義がある、というか、参加できたのが奇跡、とまでは言わないけど、参加できただけで御の字という状態でした。

 6月初めから仕事過重気味だったのですが、6月の終わりごろから、週末になると仕事が湧いてきたり、「この件は解決」と思っていたらその翌日からすごい勢いで蒸し返されたりで、ここにもツイッターにも何も書けない、という状態が続いていました。
 この過程も、傍から見ればたぶんおもしろい展開だっただろうと思います。覚えておいて、いつか小説のネタに使おうと思っています。
 7月も下旬ごろになってようやく落ち着いてきて、今回はなんとか参加することができました。

 そんなわけで、事前準備がまったくできませんでした。
 7月10日に、その「週末になると仕事が湧く」という現象で参加できなかったGirlsLoveFestivalのために本や値札を準備し、そのまま荷物を解いていませんでした。 それをそのまま持って行くということになって。
 なんとかなりました。
 今回のイベント合わせのペーパーは作りたかったのですが、これは、前日の夕方、あまりに暑すぎて何もできなくなってしまい、けっきょく作れませんでした。

 今回は、机の間隔は開いているものの、一つの机に2サークル配置で、その点では、「もとの日常」に戻りつつある感がありました。
 机の間隔が開いているのは、感染症対策のソーシャルディスタンス確保でしょうけど、即売会としてはこれぐらいの間隔が適正かな、と思います。「昼の儀式」のためのスペースもじゅうぶんにありましたし……。
 もっとも、参加サークルが増加する、という、即売会としては望ましい展開になると、それもやっていられなくなるのでしょうけど。

 会場のアナウンスで、マスクを着脱するときの注意点とか、熱中症の注意とか、夏バテにならない方法とか、交通機関の状況とかを流していただいて、たいへんありがたかったですし、メリハリもついてよかったと思います。

 以前からの知り合いにも会うことができましたし、初めての方に本を買っていただくこともできました。
 また、「○年ぶりの参加」というお話もいくつかの場所で聞きました。
 2020年からの新型コロナウイルス感染症の流行とかほかのいろんなこととかで社会は変わり、それにつれて同人活動のあり方も変化して行くのでしょうけど、ともかく「同人誌即売会が普通に開かれる」という状態に戻る動きのわずかな部分でも支えることができれば、と思っています。

 ところで、小説投稿サイト「カクヨム」への小説連載は続けています(基本的に予約投稿しています)。
https://kakuyomu.jp/users/r_kiyose
 こちらもよろしくお願いします。

ガタケット171に参加しました

 新潟市産業振興センターで開催されたガタケット171に参加してきました。
 今回は、参加することに意義がある、というか、参加できたのが奇跡、とまでは言わないけど、参加できただけで御の字という状態でした。

 6月初めから仕事過重気味だったのですが、6月の終わりごろから、週末になると仕事が湧いてきたり、「この件は解決」と思っていたらその翌日からすごい勢いで蒸し返されたりで、ここにもツイッターにも何も書けない、という状態が続いていました。
 この過程も、傍から見ればたぶんおもしろい展開だっただろうと思います。覚えておいて、いつか小説のネタに使おうと思っています。
 7月も下旬ごろになってようやく落ち着いてきて、今回はなんとか参加することができました。

 そんなわけで、事前準備がまったくできませんでした。
 7月10日に、その「週末になると仕事が湧く」という現象で参加できなかったGirlsLoveFestivalのために本や値札を準備し、そのまま荷物を解いていませんでした。 それをそのまま持って行くということになって。
 なんとかなりました。
 今回のイベント合わせのペーパーは作りたかったのですが、これは、前日の夕方、あまりに暑すぎて何もできなくなってしまい、けっきょく作れませんでした。

 今回は、机の間隔は開いているものの、一つの机に2サークル配置で、その点では、「もとの日常」に戻りつつある感がありました。
 机の間隔が開いているのは、感染症対策のソーシャルディスタンス確保でしょうけど、即売会としてはこれぐらいの間隔が適正かな、と思います。「昼の儀式」のためのスペースもじゅうぶんにありましたし……。
 もっとも、参加サークルが増加する、という、即売会としては望ましい展開になると、それもやっていられなくなるのでしょうけど。

 会場のアナウンスで、マスクを着脱するときの注意点とか、熱中症の注意とか、夏バテにならない方法とか、交通機関の状況とかを流していただいて、たいへんありがたかったですし、メリハリもついてよかったと思います。

 以前からの知り合いにも会うことができましたし、初めての方に本を買っていただくこともできました。
 また、「○年ぶりの参加」というお話もいくつかの場所で聞きました。
 2020年からの新型コロナウイルス感染症の流行とかほかのいろんなこととかで社会は変わり、それにつれて同人活動のあり方も変化して行くのでしょうけど、ともかく「同人誌即売会が普通に開かれる」という状態に戻る動きのわずかな部分でも支えることができれば、と思っています。

 ところで、小説投稿サイト「カクヨム」への小説連載は続けています(基本的に予約投稿しています)。
https://kakuyomu.jp/users/r_kiyose
 こちらもよろしくお願いします。

北海道コミティアに参加します

 お久しぶりです。清瀬 六朗です。

 明日6月5日に開催される北海道COMITIA15に参加します。
 会場は札幌コンベンションセンター一階大ホールで、開催時間は11時から15時までです。
 K01「アトリエそねっと」です。

 今回の新刊はありません。
 ちょっと力尽きました……。
 札幌での即売会参加はElysian41以来です。
 それ以後に刊行したのは、『桜の下の少女たち』と『グレーのセーターのあの子』で、その2種が北海道初売りとなります。
 どちらも小説投稿サイト「カクヨム」に投稿した作品です。

 『桜の下の少女たち』
https://kakuyomu.jp/works/16816927862088507961 (瑞城女子高校四月物語
 20歳で高校の事務職に採用された専門学校卒の女子と、同じ中学校から(エスカレーター式に)進学してきた高校生が、4月1日、桜の咲く高校で出会う。
 高校で進行中の事件、個性的な教員たち、そして生徒の発言に振り回されながら過ごした、「高校生とあまり歳のかわらない職員」の一日の奮闘を描きます。

 『グレーのセーターのあの子』
https://kakuyomu.jp/works/16816927861205180480 (グレーのセーター)
https://kakuyomu.jp/works/16816927862404809450 (るりと涙)
 20歳ぐらいの女子が主人公の短い(百合っぽい)物語を二つ載せました。
 真礼(まあや)は、冬の授業に、いつもグレーのセーターを着てきている子が気になる。美人というわけでもないのに。自分も同じようなグレーのセーターを買い、やがて、もっと相手の子に近づきたいと思った真礼は……。
 もう一篇の「るりと涙」は、指導していた高校生が好きになってしまった家庭教師の短いお話です。

 よろしくお願いします。

さよならの季節

 この年度末は私の周囲で異動になる人がなぜか多くて。
 辞めてしまうという人、ほとんど接点のない部署に移ってしまうという人もそれなりに多く。
 31日、自分の仕事のある部署も、そうでないところもぐるーっと回っていろいろなところで別れのあいさつしてきました。
 まだあんまり実感は湧かないです。
 これまでの仕事の一環として「今日でお別れですね」というあいさつをしている、という感じです。
 明日、また同じ場所で「新年度もよろしく」とあいさつしてるんだろうな、という感覚がまだ抜けません。
 そんなので、「実感がないという実感」を積み重ねつつ、「年度」というのがかわっていくのだろうな、と感じています。

 ところで。
 今週土曜日、4月2日のTAMAコミ(第4回)に参加します。
 https://tamacomi.info/
 あ‐05,06「アトリエそねっと」です。
 新刊は落ちました。
 ……うーむ。
 せっかく印刷会社さん主催の即売会なのに!
 現在コピー本を間に合わせようといろいろやっているところです。
 がんばります。

COMITIA139に参加します

 2月20日(日)に開催される自主制作漫画誌展示即売会COMITIA139にサークル参加します。
 https://www.comitia.co.jp/html/139.html
 「M38b アトリエそねっと」です。

 今回は、ほんとうに、ほんとうに久々の東京ビッグサイト東館開催です。
 3ホール開催ですが、新型コロナウイルス感染症対応で、通例の3ホール開催よりは参加サークル数は少ないようです。
 そして、アトリエそねっととしては、2019年2月以来、3年ぶりの(東京)COMITIA参加です。

 アトリエそねっとにとっては復帰記念の会になるのですが、新刊はありません。
 いろいろジタバタしたのですが、間に合わせられませんでした。
 ただ、頒布作品はほとんどがCOMITIAをお留守にしているあいだに刊行した本ですので、(東京)COMITIA初売りの本はいろいろ……ということになります。

 よろしくお願いします。

COMITIA139に参加します

 2月20日(日)に開催される自主制作漫画誌展示即売会COMITIA139にサークル参加します。
 https://www.comitia.co.jp/html/139.html
 「M38b アトリエそねっと」です。

 今回は、ほんとうに、ほんとうに久々の東京ビッグサイト東館開催です。
 3ホール開催ですが、新型コロナウイルス感染症対応で、通例の3ホール開催よりは参加サークル数は少ないようです。
 そして、アトリエそねっととしては、2019年2月以来、3年ぶりの(東京)COMITIA参加です。

 アトリエそねっとにとっては復帰記念の会になるのですが、新刊はありません。
 いろいろジタバタしたのですが、間に合わせられませんでした。
 ただ、頒布作品はほとんどがCOMITIAをお留守にしているあいだに刊行した本ですので、(東京)COMITIA初売りの本はいろいろ……ということになります。

 よろしくお願いします。

涅槃会の思い出

 2月15日は「涅槃会」の日だということを、2020年まで私は知りませんでした。
 2020年2月15日、私は用があって大阪にいました。午前中が空いていたので、四天王寺まで行ってみました。
 その前年に大阪ドームで即売会があって、そのときにお参りして以来です。
 そのときすでに新型コロナウイルス感染症の流行という話は出ていました。でも、武漢が都市封鎖されたという話が海外報道として伝わり、クルーズ船で感染者が出て、乗客が船から下りられないというニュースが流れていた時期でした。まだ日本国内に新型コロナウイルス感染症が広く拡がっている状況ではありませんでした。
 それでも私はマスクを着用して行ったのは覚えています。かなり前にインフルエンザが流行したときに買って使っていなかったマスクが眠っていたので、それを引っ張り出したのです。
 後に、その袋に入っていた何枚かのマスクを3か月後まで洗って使い回すことになるとは、そのときには想像もしていませんでした。
 それで、たまたま参詣してみると、参詣客がいっぱいいました。欧米から来たらしい人たちから中国語らしいことばを話している人たちまで、さまざまな外国人も多くいました。
 どうして今日はこんなに混んでいるんだろう、と思っていたら、お坊さんが登場し、今日は涅槃会である、つまりお釈迦様の亡くなった日であるということを話し始めました。
 4月8日のお花祭りは知っていたのですが、長いあいだ生きてきて、お釈迦様の亡くなった日のお祭りがあることはこのとき初めて知りました。
 最後に、仏舎利、つまりお釈迦様のお骨とされる宝物を頭の上にかざしてもらい、幸運を授かる、という儀式に参加させていただきました。
 いまの社会で「かざす」というと、ICカードをかざすように、仏舎利から私の頭に幸運が「ピッ!」と入ってくるんだろうな、というイメージになってしまうので……なんか、ありがたさが減るという感じですが。
 でも、逆に、何かをかざしただけでカードやスマートフォンから何かが伝わって料金が払えて電車に乗れるということ自体が、少し前の人たちからすると、「ありがたい」、つまり奇跡のようなことなんだろうな、とも思います。
 私たちのいまの日常には、少し前までの人たちにとっての奇跡がいっぱい入ってるんだろうな、と。
 涅槃会に考えることじゃないかも知れませんが。
 結果的に、現在のところ、観光地に行くとインバウンドの外国人観光客にいっぱい出会う、という体験の最後がこの日になっています。
 いや。
 考えてみれば、それ以来、「観光地」というところには、浅草での即売会の帰りに寄った浅草寺以外には行っていない。忘れているだけかも知れませんが、たぶん行ってないと思います。